都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

40ドルのリゾット頼んでしまった(事故)

ルート303沿いにあるイタリアンレストラン、「リストランテ・ミラノ」。
d0240098_10325882.jpg
30年前くらいからあるレストランですが、何度も前を通りながら、
今回初めて行く機会がありました。

まったりと、窓際席・・・
アペタイザーの、フレッシュ・モッツァレラとトマトのサラダ。
d0240098_10335823.jpg
このモッツァレラ、クリーミーでソフトで、まさに絶品でした!
d0240098_10341175.jpg
パンもふかふか・・・
d0240098_10334320.jpg
・・・で、問題?^^;の、リゾット。

「今日のおすすめ」のシーフードリゾットを軽い気持ちで頼んだら、
こんなん、出てきました・・・
d0240098_10345312.jpg
ロブスター、丸ごと半身!
あと、ムール貝とえび、イカにハマグリ。

魚介類はどれも新鮮で、ちょっと味付けは濃かったですが、
とっても美味しかったです。

でも、まさか、お値段が40ドルとは・・・笑
がびょ~ん。

こっちのレストランでは、「今日のおすすめ」をウェイトレスさんが
口頭で諳んじて、値段までは言わないのが普通ではありますが・・・

次回から、気をつけよう^^;

でも、このレストラン、基本カジュアルレストランで、他のメニューは
ごくリーズナブルです。

ポット付で出てくるコーヒー、とっても美味しかった・・・
こういう美味しいコーヒーを出すレストランって、無条件に
好きだなぁ・・・笑
d0240098_10351886.jpg
それにしても、スタッフの方々がやたらフレンドリーでしたが、
これも40ドルのリゾットのせいなんでしょうか?笑


Ristorante Milano
589 Rt 303
Blauvelt, NY 10913


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2014-05-31 10:59 | Blauvelt - ブラウヴェルト | Comments(6)

困る寄付のダイレクトメール

アメリカにいると、こういう寄付のダイレクトメールを
よく受け取るのですが・・・
d0240098_08294183.jpg
なぜか、5セント硬貨が入ってます。
d0240098_07480855.jpg
最初は、ご縁(5円)にかけてるのかな~?とか
思いましたが(んなわけない笑)、
「1日5セント以下で、XXが救えます!」という
趣旨のようです。

最近は、切手が同封されているものも・・・
この切手で、寄付を返送してくださいという趣旨なのかな?
d0240098_07483337.jpg
でも、困るんですよね~・・・こういのうって・・
お金や切手が入っていて寄付しないと、罪悪感を感じるし、
かといって、毎日山ほどくるダイレクトメール全部に寄付
してたら、破産しちゃうし^^;

でも、一番困ったのは、これ・・
カトリック教会からのダイレクトメールに、ロザリオが
同封されてました。
d0240098_07371734.jpg
ど、どうしたらいいの?これ・・・^^;
日本人的感覚で言ったら、いきなり、檀家じゃないお寺から、
数珠を送りつけられたのと一緒なんですけど。

いくら人様の宗教のものとはいえ、捨てたりしたらバチあたりそうだし・・
いっそのこと、寄付入れて、返送したらいいんだろうか・・?

日本人の1人あたり年間寄付平均額は、アメリカ人の1/5だそうですが、
案外、アメリカのこういうアグレッシブなダイレクトメールの効果なのでしょうか・・?


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

[PR]
by kawamuko | 2014-05-26 08:40 | 番外 | Comments(4)

ハリウッドには絶対に作れない日本映画

最初に・・・ハリウッド版ゴジラとかの批判ではありません^^;

今朝TVジャパンで、大辞林ができるまでのドキュメント番組を
やっていて、なかなか面白かったので・・・

なんでそんなドキュメントをやっていたかというと、
「舟を編む」という、辞書編纂の映画が公開されるそうです。


いや・・・地味・・・あ、失礼^^;

これ、ハリウッド映画じゃ、絶対無理でしょ~。
そもそも、火薬量少なすぎるし(笑)
企画、通らないでしょうね。

でも、こういう本がベストセラーになり、映画化までされるところが、
日本のいいところだなぁ・・・と思います。

ブログをする人の数は、日本は世界でもトップクラスだそうですが、
日本人って元々言葉に興味があり、言葉に対する感性も豊かなように感じます。

・・・で、思い出したのが、大昔に使い倒した、私の日英辞書(笑)
ボロボロ・・・1986年第5版です。
d0240098_01553076.jpg
何がスゴイって、表紙の見返しの地図に、ソビエト連邦載ってるよ~!
この頃は、まだあったんだなあ・・・ソ連。
d0240098_01562481.jpg

一度でも調べた単語には、アンダーラインする癖があったのですが、
アンダーラインのないページがほとんどない・・・
当時の私に、いかに単語力がなかったかということですね (いや・・今も、ないけど笑)
d0240098_01560869.jpg
あ~、なつかしいな。
この頃は、夢があったな・・・一生懸命勉強すれば、英語がネイティブ並に
使えるんだとか(笑)
今は、大脳生理学的 & 育った環境的に、ネイティブになるのは不可能だし、
007 じゃないんだから、ネイティブのふりする必要もないと悟ってますが(笑)

(そもそも、正しい?発音=ネイティブではなく、本物のネイティブとは、例えば
ブルックリン訛りとか、育った環境や文化を反映した英語を話すものであるという、
あたりまえのことがわかったのは、はるか大人になってから・・・)

そんなこんなで、「舟を編む」、見てみたい映画です^^
アメリカ公開は望めないので(笑)、早くDVDにならないかな~。

追記:
夏休み里帰りのJALのフライトで、この映画を観ることができました。
よかったです^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

[PR]
by kawamuko | 2014-05-19 02:27 | 番外 | Comments(6)

日本語のメニューがある美味しいウクライナ料理店

今、なにかと大変なことになっているウクライナですが・・・

とある機会があって、ソーホーにあるウクライナ・レストランに行ってきました。
このお店はキエフが本店で、あとモスクワに支店があるそうです。
d0240098_23190243.jpg
お店の前の道路からは、今年中にも完成するフリーダム・タワーが見えます。
d0240098_23244185.jpg
ウェイターの方々は、ウクライナの民族衣装を着ています。
イケメン、多し笑
d0240098_23200660.jpg
ヨーロッパの穀倉地帯として知られるウクライナ、お店のインテリアは
古い農家をイメージしていて、なんだか海外旅行した気分になれます。
d0240098_23272251.jpg
まずはキンキンに冷えた、ラズベリーウォッカ♪
d0240098_23192619.jpg
ウェイターさんに母国語を聞かれたので、日本語と答えたら、
なんと、日本語のメニューをくれました!
d0240098_23285383.jpg
おしょうゆを使った料理もあったので、このザカルパッチャ風・牛タンサラダと・・・
d0240098_23292435.jpg
キエフ風ハンバーグを頼んでみました。
d0240098_00072867.jpg
で、出てきたお料理。
ザカルパッチャ風牛タンサラダ。牛タン山盛り、すごい迫力だよ~^^;
しょうゆ味がほのかに効いて、おいしいドレッシングでした。
キエフ風ハンバーグ。
ハンバーグというより、揚げ物ですね。
なんか、昔の漫画に出てくるお肉みたい・・・笑
d0240098_23215535.jpg
メニューのコメントの通り、外はカリッカリ、中はジューシーでスパイス効いてて、
美味しかったです。
d0240098_23221279.jpg
ピロシキも、こんがり美味しかった~。
d0240098_23211922.jpg
ボルシチ。
順番に、普通のボルシチ、ベジタリアン用ボルシチ、グリーン・ボルシチ。
グリーン・ボルシチはサーラと呼ばれる、豚の脂身のベーコンが入っているそうです。
d0240098_23202341.jpg
d0240098_23205478.jpg
d0240098_23203928.jpg
・・・で、ここで疑問。
ウクライナ料理とロシア料理ってどう違うの??と聞いたところ、
ほとんど同じで、日本で言えば、関東風と関西風の違いくらいなものだそうです。

ところで、スウェーデンと並んで、「世界で最も美女が多い国」に選ばれた
ウクライナですが・・・
このレストランの看板娘も、身長178cmはある、モデルさん並のスタイルの美女でした。
脚、なが~い!

この男性は、一緒に写真を撮ってもらった後、不意打ちで彼女の頬に
キスをして、照れまくりながら走って逃げて行きました(笑)
d0240098_23225373.jpg
優しくて笑顔がステキな女性で、食事の後、お店の前で車を待ってたら、
わさびのウォッカとキュウリのピクルスを、サービスしてくれました♪
d0240098_23241606.jpg
このキュウリのピクルス、日本のキュウリの浅漬けに
味がそっくりなんですよね~・・・
炊き立てのごはんが欲しくなる味です笑
d0240098_23235708.jpg
ちなみに、このお店では、ウクライナの民族衣装を借りて、
記念写真を撮ることもできます笑
d0240098_23274531.jpg
お店のスタッフの方々、みんないい方でしたが、
紛争地域の出身の方もいらして、大変心配されてました。

ウクライナが、早く平和になるといいですね・・・

Korchma Taras Baluba
357 W Broadway
New York, NY 10013

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2014-05-18 00:52 | 川越えてマンハッタン | Comments(4)

METオペラのスワロフスキー・シャンデリア(のグッズ)を買う

メトロポリタンオペラの象徴といえば、スワロフスキーのシャンデリアですが・・・
d0240098_23315141.jpg
d0240098_23484197.jpg
Photo: Swarovski Architecture

1966年に、オーストリア政府から、戦後支援のお礼として提供されたものですが、
2008年に生まれ故郷のウィーンに里帰りし、大規模な修復が行われました。

メトロポリタンオペラ・ショップでは、このシャンデリアをモチーフにした
色々なグッズが買えます。

ちなみに我が家にあるのは、冷蔵庫のマグネットとか
d0240098_23504741.jpg
コースターとか、
d0240098_23512390.jpg
クリスマスツリーの飾りとか。
d0240098_23510402.jpg
でも、このシャンデリア、本物が買えるって、知ってました・・・?
メトロポリタンオペラ・ショップにて、220万円から830万円(爆)
d0240098_23534754.jpg
Photo: Metropolitan Opera Shop

最大サイズは、本体約1メートル60センチ。
我が家にこれを吊るしたら、床につかえます(笑)

とりあえず、15~20ドル程度のグッズは、日本へのお土産にも
いいかと・・・(笑)

METオペラショップは、チケットがなくても入れますが、
d0240098_23334788.jpg
オペラグラスに映るスワロフスキー、撮ってみました・・・

今年もオペラシーズン終わり・・・
また、来シーズン!(行けたらいいな^^;)


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2014-05-11 00:08 | ヘタレなオペラ | Comments(4)

全席25ドルの、カーネギー春の音楽祭り

ヤマザキ春のパン祭り・・・じゃなくて、カーネギーホールの
恒例 Spring For Music に行ってまいりました。

2日目の今日は、シアトル・シンフォニー。
平日にも関わらず、長蛇の列・・・
d0240098_13202634.jpg
カーネギーで一番大きいホールが、ほぼ満席。
d0240098_13204538.jpg
今日の目玉は、2014年のピュリッツアー賞音楽部門を受賞した、
John Luther Adam氏作曲の"Become Ocean"。

ご本人も、会場に来てました^^

仕事の後で疲れているところに、すご~く癒される音楽でしたが、
演奏に集中してたので、全然寝なかったよ!(笑)

カーネギーの Spring For Music は、今週いっぱい続きます。
チケットはすべて$25、全公演7:30の開演です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2014-05-07 13:31 | 川越えてマンハッタン | Comments(6)

宝石のようなチョコレート oishii

おつかいもので、アメリカの有名ショコラティエのチョコを買ったのですが、
我が家の理系オタクがひがむので、我が家用にもひとつ購入しました笑
d0240098_02411757.jpg
宝石のような輝き!
このチョコレートは、米アカデミー賞でセレブへのギフトとして使われた、
イエロー・ゴールド・ダイヤモンド・コレクションです。
d0240098_02413420.jpg
麹入りのチョコレートです。
ダークチョコレートと、シュガー・ダイヤモンドの甘味のバランスもいいです♪
d0240098_02415348.jpg
これを創ったショコラティエはこの方、和田理恵子さん。
工房は、シカゴ郊外にあるそうです。
和田さんの創るチョコレートは、まさにアートですね~。
d0240098_02420958.jpg
ギフトボックスや、カードのデザインも、素敵です。
d0240098_02422437.jpg
ショコラティンのチョコレートは、オンラインで購入できます♪

http://www.chocolatines.com/




にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2014-05-05 03:09 | 番外 | Comments(6)


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事