都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タッパンジー・ブリッジ、完全に62年の歴史を終える

10月6日、先週の金曜日、ハドソン川のロックランド側とウエストチェスター側をつなぐ、タッパンジー・ブリッジが、その62年の歴史に幕を下ろしました。

ひと月前、ロックランド方面が新しい橋の開通に伴いクローズしましたが、今回のウエストチェスター方面のクローズで、タッパンジー・ブリッジはすべて役目を終え、リタイアすることになります。

ウエストチェスター方面の新しい橋の開通は、予定よりかなり早かったようで・・・
私も、タッパンジー・ブリッジのクローズを聞いたのは、なんと当日でした。
ホント、アメリカってばアバウト・・・^^;

最後にタッパンジー・ブリッジを渡りたいという理系オタクのリクエストで、夜はタッパンジー・ブリッジを渡り、橋が見えるアーヴィントンのレストランで夕食・・・
d0240098_08223095.jpg

この日、1929年型フォードモデルA、フェートンが最後に橋を渡り、タッパンジー・ブリッジは静かにその歴史を終えました。
この車のドライバー、年配のご夫婦でしたが、おそらくタッパンジー・ブリッジができた頃に、生まれたんでしょうね~・・^^
d0240098_08242981.jpg
Photo: USA Daily News

私も単純計算で、8,000回はこの橋渡ったなあ・・・
理系オタクに至っては、2万回は越えてるかと笑

最後の日のTappan Zee Bridge Runビデオです。
今回も、リタイアにふさわしい、きれいな空でした。
(実はこの運転の時点で、まだ今日がクローズと知らなかったという^^;)

曲は、西村由紀恵さんのピアノで、101回目のプロポーズ「夢を追いかけて」
本当に、私にとっては、アメリカに来てから、自分なりの夢を追いかけて、毎日渡った橋でした。

タッパンジー・ブリッジ、本当にお疲れ様でした。
そしてありがとう・・・!^^



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by kawamuko | 2017-10-09 08:35 | ロックランド+ | Comments(10)

NYにいるなら絶対観るべき、今シーズンのオペラ-Norma

今シーズンのメトロポリタン・オペラ新作、ベリーニのNorma (ノルマ)を観てまいりました^^
d0240098_09472483.jpg
Photo: Ken Howard/Metropolitan Opera

このオペラ、ソプラノが超絶難儀で有名で、ワーグナーが唯一認めた(笑?)イタリアオペラとも言われています。

その超絶難儀なデュオを、今回の新作で歌ったのがこのお二人・・・
ソンドラ・ラドヴァノフスキーと、メゾソプラノのジョイス・ディドナート。
d0240098_09474731.jpg
Photo: Ken Howard/Metropolitan Opera

いや、もう、凄かったです~。
ラドヴァノフスキー、いつも序盤がちょっと声が粗くて、エンジンかかりにくいタイプ?みたいなのですが、中盤からは絶好調。
ディドナートにいたっては、天使のベルカント・・・^^

メトオペラの「女王」と呼ばれるラドヴァノフスキーと、「現代最高のメゾ」と呼ばれるディドナート。
こんなデュオが生で聴けるなんて、マジで、ニューヨークに住んでいてよかった・・・涙
(ちなみに日本からは、40万円ほどでメトに「Norma」を観に来るツアーがあったようですが、40万払っても観に行きたい気持ち、わかります^^;)

メトのNorma、今シーズンは12月16日まで上演があります。
ニューヨークにお住いの方、なにがなんでも、ぜひ観に行ってください~!
だって、こんなスゴイの、生きてるうちに何度も観られませんよ?笑
日本から観に来たら40万円ですよ?笑

そんなわけで、マリア・カラスにして「最も難しい曲」と言わせたNormaの有名なアリア、「清らかな女神」をカラス版で、どぞ^^



ちなみに、今日の上演、客席にルネ・フレミングがいたと、ざわついていた方々がいたんですが、ホントかな・・?^^;

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by kawamuko | 2017-10-08 10:22 | ヘタレなオペラ | Comments(2)

50代の結婚式

アメリカに来てから、40代のカップルの結婚式(どちらも再婚)に、2回出たことがあります。
日本だと、再婚の場合、式もパーティも遠慮がち?な感じがしますが、アメリカで出た再婚?式は、立派な教会や、ビーチホテルでの披露宴等、本式を上回る?(^^;)、豪華なお式と披露宴で、さすがアメリカ!と感心したものでした。

で、今回は、50代のカップルの結婚式にご招待いただき、行ってまいりました(^^)
ごくカジュアルな、自宅のお庭でのホームパーティ形式と聞いたのですが・・・
d0240098_11311516.jpg
・・・いや、めちゃくちゃ広い庭に、50人以上は入っているターフ^^;
さすがアメリカ。

テーブルセッティングも、プロのケータリングが入って、お洒落~。
d0240098_11314438.jpg
d0240098_11345043.jpg
d0240098_11414144.jpg

で、何よりスゴかったのが、プロの生バンドのライブが3つもありました!
それもそのはず、ご主人は、音楽関係の仕事をされているそうです。
d0240098_12041559.jpg

日本の一般家庭の庭で、生バンドの演奏なんかしたら、ご近所に警察呼ばれそうですが・・・^^;
ここは、通りからは全然音が聞こえなくて、ドライブウェイを入って庭に近づいたら、ようやく音が聴こえて来たというレベル笑

あまりに上手いので、CDかと思って庭に入ったら、生バンドでびっくりしました。
こちらのミュージシャンのレベルは高いですね~。

みなさん、CD出してデビューしているプロだそうです。
特にこのボーカルの女性、すっごく私の好みの声でした^^
そのうち、ビッグなアーティストになりそうな予感・・・笑
d0240098_11400366.jpg
そんなこんなで、とっても素敵なガーデン・ウエディングでしたが、ご本人たちは本当に控えめなカップルで、ウエディングドレスもタキシードも着ず、最後には「寒いから」とジャージをはおってのケーキカット(笑)

ちなみに、これはウエディングケーキの一番上の部分ですが、この部分は冷凍して、1年後の結婚記念日に食べるのが、アメリカの習慣。
我が家の時も1年後に食べましたが、全然大丈夫で美味しかったですよ~笑
d0240098_11530482.jpg

今回のウエディング・パーティでの一番の宝は、出席してくださった方々と言っていたので、せめてもの・・・一つ一つテーブルを回って、出席者のみなさんの笑顔の写真を撮り、スライドショーにしてプレゼントさせていただいたところ、とっても喜んでいただけました。
ここに家を買ったのも、一緒に育った大切な友人やご近所の方々と、ともに生涯を過ごしたかったからだそうです。

アメリカでは日本ほど、ご祝儀の負担がないということもありますが、再婚でも、50代以上でも、みんなが結婚パーティに集まってくれて、笑顔でお祝いしてくれるって、本当にいいなあ、と思いました^^

Wish You a Lifetime of Love and Happiness!


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by kawamuko | 2017-10-07 12:14 | 番外 | Comments(8)

ロックランドで獺祭が飲めるお店

先日、おばあちゃんの誕生日祝いで、NY Thruwayから崖の上に見えるお城のレストラン、Mr. Fujiに行ってまいりました。
d0240098_10402643.jpg

そういえば、アメリカに来たばかりの頃、TVアニメのポケモン見てたら日本のお城が出てきて、登場人物の女の子が"Looks like a Japanese restaurant!"と叫ぶのを見て、日本のお城って、アメリカの子供たちにはジャパニーズ・レストランに見えるのね~・・・と感心したのを思い出しました笑


仁王像とアメリカ国旗という絵も、なかなかシュールです~笑
d0240098_10421544.jpg

立派なお庭です
d0240098_11084742.jpg

この窓からの景色、すごいですよね!?
鷹が至近距離で、窓の外を旋回してました。
これ、紅葉の季節にまた来たい~!
d0240098_10420160.jpg

お寿司とかオーセンティックな日本食もあるようですが、アメリカで言うところのヒバチ(鉄板焼き)がメインのお店です。
みんな、大盛り上がり。
d0240098_10435158.jpg


・・・そんな中、お酒のメニューに獺祭めっけ!
d0240098_10411516.jpg


高いですが、おばあちゃんの誕生日なので、ぜひ飲ませてあげたいと、理系オタクが大奮発・・・
d0240098_10423866.jpg
「日本では注文から何か月も待つお酒」と、相席のアメリカ人カップルにもおすそ分けしたところ、ものすごく感激してくれました笑
おばあちゃんも大喜びで、すっごく美味しかったです^^

誕生日なので、焼きそばも炒飯も、ハート型♡
d0240098_10432464.jpg


この誕生日祝いの獅子舞は、なんとお隣のテーブルの方が、おばあちゃんにプレゼントしてくれました。
おばあちゃん、「おいくつになられたんですか?」と聞かれて、「21才」と答えたのが大ウケしたらしく(爆)
d0240098_11033768.png


これは甥っ子がおばあちゃんに作ってあげた、箸置き・・・不器用ですが、アメリカ育ちなので笑
d0240098_10431109.jpg
そんなこんなで、とっても盛り上がって楽しい誕生日会になりました^^
次は紅葉の季節に、お寿司でも食べに来たいなぁ・・・♪
(ちなみにNJの近場では、「梅屋」さんが獺祭置いてます)

Mt. Fuji
296 Old Route 17
Hillburn, NY 10931


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by kawamuko | 2017-09-18 08:58 | ロックランド+ | Comments(5)

インプレッサの映画観てきた

理系オタクの愛車、スバルWRXが出てくる映画、「ベイビー・ドライバー」が観たいというので・・・
この週末、観に行ってまいりました。
d0240098_10413878.jpg
が、週に何本も新作のハリウッド映画が封切られるアメリカでは、しごく目立たない映画・・・
Elmsfordの、マイナーな映画館で、1日2回だけ上映(笑)
Elmsfordって、FedExの配送ターミナルがあって、時間外に荷物ドロップするときしか行ったことなかったんですが・・・^^;

ホームシアター並のリクライニング・シートもあたりまえのこのご時世、こだわりのレトロなシートでした笑
d0240098_10403753.jpg
映画の前の食事は、同じ敷地内のケンタッキー・フライドチキン。
いや・・・KFC大好きなんですが笑
それからコーラとポップコーン買って、ティーンエイジャーのデートみたい笑

カーチェイスの映画とあって、若者ばっかなんだろうな~・・・と思って行ったら、意外に、ほとんどの観客が40代以上。
この映画、クラシックカーやシェビーやフォードといった、普通にアメリカ人が乗っている車がたくさん出てくるので、それぞれのファン層?が観に来ているらしいです。

そんなわけで、真っ赤なスバル・インプレッサが大活躍の予告編(笑)



2006年型の鷹の目インプレッサWRXだそうです。
カー・スタントドライバーも、この映画の撮影で、スバルでのカーチェイスが一番のお気にいりだとか・・・

インプレッサは3台用意したそうですが、うち一台はドリフトしやすいように、後輪駆動に改造しているそうです。
その他の車も、撮影用に特別な改造をしているそうなので、良い子の皆さんはノーマル車で真似しないようにしてくださいね~笑
・・・といっても、そこは分別ある40代以上の客層。
帰りの駐車場でエンジン吹かしてみせる人もおらず、さすがシニアの落ち着き(笑)

そんなわけで、映画終わって、理系オタクの感想。
「スバルに傷がつかなくて、良かった~!」
・・・そこ?^^;
そういえば、他の車は、ボコボコになったり炎上したりしてましたが、スバルだけが傷ひとつなく、きれいにカーチェイス終えてました笑

ちなみにこの主役の男の子、ニューヨーク出身で、車あんまり運転したことなかったそうです笑
撮影用に、プロドライバーに特訓受けたそうですが。

ベイビー・ドライバー、日本でも公開したみたいですねー。
私の年齢にはちょっと火薬量が多すぎる映画ですが(笑)、全編ミュージックビデオみたいで、楽しめる映画です^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
# by kawamuko | 2017-09-11 11:20 | ロックランド+ | Comments(6)


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事