都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

メモリアル・デーの迎え火 - ピアモント

ハドソン川沿いの街、ピアモントには、両側をハドソン川に囲まれた
長い遊歩道がありますが・・・
d0240098_1123593.jpg

この遊歩道の先端で、毎年5月30日に、"Watchfire" と呼ばれる、全長7メートルの
巨大なかがり火が焚かれます。

今日行ってみたら、もうかがり火の木が組まれてました。
d0240098_10441367.jpg

立派な木材・・・5~6メートル離れたところからでも、強い木の香りが漂ってました。
d0240098_10523222.jpg

このWatchfire, 元々は、独立戦争が終わったとき、ジョージ・ワシントンが、帰路に
つく船を誘導するために、始めたものだそうです。

ベトナム戦争以来、意味合いが多少異なり、故郷に帰って来れなかった戦没者の魂を
迎えるために、毎年メモリアル・デーに Watchfire が焚かれるそうです。

日本のお盆の「迎え火」と、同じコンセプトですね。
戦争で亡くなった人を想う気持ちは、洋の東西を問わずいっしょです・・・

ピアモントのこの桟橋からも、第二次大戦中、130万人の兵士が欧州戦域に旅立ち、
その多くが帰らぬ身となりました。

今は、恋人同士や家族連れが憩う、平和な桟橋です・・・
d0240098_10485320.jpg


かがり火は、29日深夜に点火され、30日まで24時間燃やされ続けます。


Video:Nyack News & Views


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2012-05-29 11:11 | Piermont - ピアモント | Comments(2)
Commented by shidekubo at 2012-05-30 03:53 x
ハドソン川の向こう側でこのような行事がるとは知りませんでした。
動画のラッパの音、アメリカって感じがよみがえります。

この前バナナの動画を見ようとしたら、住んでいる地域によって見れないところがあるみたいで? ダメでした。

そちらもBBQの季節になりましたね。
こちらはやっと先週から気温アップです。
6月の第1週がダイヤモンド・ジュビリーの週末で
臨時祝日です。 その関係でこっちもいたるところで
イギリスの国旗をあしらったものが並んでいました。
でもアメリカ国旗のケーキはびっくりです!
Commented by kawamuko at 2012-05-31 10:53
バナナ・ダンス、イギリスでは見られないのですね~。
やっぱり著作権とかあるのでしょうか・・・

イギリスの6月、これから最高の季節ですよね!
イギリスも、ケーキ類は今ひとつだったような記憶ですが
(今は違うのかもしれませんが・・・)、アメリカほど
強烈な色のケーキはなかったですよね~・・・

<< いいよね~、ママは。仕事して、... メモリアル・デーの、スペアリブ... >>


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事