都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

MET オペラ・ライブ参戦レポ

この週末は、今シーズン最初のオペラ観劇で、ヴェルディの「オテロ」を観てきました。

テノール泣かせで有名な演目で、歌いこなせる歌手は、ドミンゴを始め世界で
数人しかいないと言われるオペラだそうですが・・・・

現代風に言うと、出世争いから同僚を陥れ、上司の妻に浮気の濡れ衣をかぶせて、
上司に妻を殺させ、真相を知った上司も自殺という、エグいお話しです・・・^^;

悲劇の妻、デスデーモナを演じたのはこの方、ルネ・フレミング。
d0240098_23333589.jpg
Photo: Metropolitan Opera

昨年の「ロデリンダ」の時もそうだったのですが、この方が古典的で貞淑な妻を
演じると、どうも違和感を感じてしまうワタシ・・・
(事前に、正統派のレナータ・スコットの音源を聴きこんだせいもあるのか、余計に・・・)

彼女の声質が、古典的と言うよりは、現代的な感じだからでしょうか?

で、今回一番インパクトがあったのがこの方。同僚も上司も陥れまくる悪役、
ヤーゴ役の Falk Struckmann (すみません、発音わかりません・・・^^;)。
d0240098_2340652.jpg
Photo: Metropolitan Opera

こ、この写真、なんかすっごく悪いヤツそうなんですけど・・・
METでは、「トスカ」のスカルピアも演じているとか・・・うん、ハマり役(笑)

カーテンコールでは、大喝采とともに、彼の名悪役に感情移入しすぎた観客から、
名誉の?ブーイングを浴びてました。

で、意外に面白かった?のが、カッシオを演じた若手テノール、マイケル・ファビアーノ(左)。
d0240098_23431423.jpg
Pohto: Metropolitan Opera

酒に弱くて出世は逃すわ、浮気相手に仕立て上げられても何もきづかずのーてんきだわ、
しょーもない役どころなんですが・・・

わき役で、歌のシーンもそんなになかったのですが、なぜか、カーテンコールで
予想外の大喝采。

これには本人も面喰らって、「えっ・・・なになにソレ。いいの?ホントに?」という
感じのリアクションが、ちょっとかわいかった・・・
けど、隣の席の人が、「今日は、ツーリストが多いわね。」と一言(いやいやいや・・・笑)

最後の、オテロが妻の亡骸を抱きしめて息絶えるシーンは、マジで胸がつまりましたが・・・
ひと晩待てば、いいだけの話しだったんじゃないの?
嫉妬って、こわい。怒った時は、とりあえず一晩置こう笑

おまけ画像: シャンパン@ベルモント・ルーム。
毎年、シーズン最初のオペラでは、今年もオペラ観に来れたお祝い?に、シャンパン頼みます。
(何かあって、家計を切り詰めるとしたら、真っ先にこの道楽なので・・・^^;)
d0240098_0104169.jpg

この後の「オテロ」の上演スケジュールは、こちらをどうぞ♪
http://www.metoperafamily.org/opera/otello-verdi-tickets.aspx


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2012-10-22 00:50 | ヘタレなオペラ | Comments(0)
<< スカーズデールの地元のはちみつ グラセン発、紅葉列車 >>


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事