都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

METオペラの最中に、口論が始まった・・

今日、メトロポリタン・オペラにモーツアルトの「コジ・ファン・トゥッテ」を
観に行って来たのですが・・・
d0240098_09553562.jpg
Photo: Metropolitan Opera

オペラの真っ最中に、オーケストラ席の観客の間で、口喧嘩が始まりました。

長年メトに通ってますが、こんなことは初めてです・・・^^;

両方とも年配の白人男性で、断片的に聞こえてきた口論によれば、
前の席の男性が頻繁に体を揺らしていたらしく、後ろの席の男性が
「精神安定剤でも飲んで落ち着け!」とかなんとか・・・

後は、Fワードの応酬。
いやいやいや・・・
去年行ったヘヴィメタのライブ の観客の方が、むしろマナー
よかったですけど・・・^^;

結局、周囲の、「シ~~~ッ!!!」の嵐に、二人とも黙りましたが。

その後、インターミッションで第二回戦が開始するんじゃないかと
ハラハラしてましたが、後ろの席の男性が憤然と席を立ち、そのまま
戻ってきませんでした。

今日のオペラの「コジ・ファン・トゥッテ」って、本当なら笑って
楽しめる喜劇なのに、なんかお気の毒・・・
d0240098_09553116.jpg
この「コジ・ファン・トゥッテ」というタイトル、英語でも非常に訳しにくい
言葉だそうで・・・
強いて言えば「女性はみんなこんな行動をする」みたいな意味だそうです。

「浮気しない女はいない」という挑発に、フィアンセ達を試すために、
あれやこれや仕掛ける人々の、ドタバタ・コメディですが、
18世紀に上演された際、「こんな女性蔑視のオペラは成功しない。」
と評されたそうで・・・

最終的に女性が二人とも、婚約者を裏切る筋なだけに、今日のメトでも、
笑えない人もいたんじゃないかと(笑)

そんなブラックな要素もあるこのオペラ、プログラムノートには、
「帰り道にメロディを口ずさむ一方、マーロックス(胃腸薬)が
必要になるオペラ」と評してありました。

今日、口論になって帰った紳士と、とばっちりで第二幕を
見損ねた奥様は、まさにマーロックスのお世話になったんじゃないかと、
ちょっと心配です・・・^^;

ところで今日の指揮者は、復帰以降、絶好調のジェームズ・
レヴァインでした。
私は今シーズン、氏の指揮の作品を観るのは3回目なんですが、
血色もとてもよく、パフォーマンスごとに、ますます元気に
なられて行くようで・・・

今日の「コジ・ファン・トゥッテ」もキレキレの演奏で、普通の
テンポより速く感じたので、二幕目の2オクターブの高難易度ソロを
歌ったソプラノのスザンナ・フィリップスが、大変だったんじゃないかと・・

この方、2009年のラ・ボエームのムゼット役で初めて観たの
ですが、この方が歌いだすと、宝石がきらきらっと輝きだす
ような、美しいソプラノの持ち主です。
d0240098_09552457.jpg
低音パートがいまいちだったのは、もともと苦手なのか、レヴァインの指揮に
ついて行けなかったのか・・・

でも、この人の声、私は好きだなぁ・・・
カーテンコールでも、ひときわ喝采を浴びて、本人もちょっとびっくりした後、
満面の笑顔になったのが、可愛いかったです^^

そんなこんなで・・・
「コジ・ファン・トゥッテ」、今シーズンの残りの上演はこちら・・・

4/30/2014
5/3/2014
5/8/2014


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2014-04-27 12:10 | ヘタレなオペラ | Comments(4)
Commented by johgo-009 at 2014-04-27 12:33
他人の体が揺れてるのって気になりますね確かに。
日本人なら少し我慢もするんでしょうが。
口論までなるっていうのも笑っちゃいますが。
ナイターの酔っ払いとはまたシチュエーションが違いますからね。
集中して観ようと覚悟してくるんでしょうから。
怒られた本人も可哀想のような・・・
本人は自覚していないんでしょうから。

昔、009の映画を観にいったとき、隣の席に座った女の子二人がアニメオタクらしくて、しかも映画を何度も観て筋書きも知ってるらしく、作品の批評の討論会を、映画が始まってから終わるまで、ず~~~~~~~~~~っと延々話しているのが聴こえて、散々だった思い出があります。2時間近くかけて宇都宮まで行ったのに。
怒るまではできませんでしたね、若くて純情だったので・・・。
Commented by kawamuko at 2014-04-27 12:41
怒られた方の人は、結構ヘラヘラしてました・・・
メトもお酒飲めるので、ナイターじゃないですが、
もしかしたら酔っぱらってたのかも!?と、今
気づきました。

009、残念でしたねー・・・
映画観ながら批評って、かなり非常識ですね。
若い女の子の集団相手に怒ると、結局男性の方が
悪者にされちゃうので、怒らなくて正解だったかも?
しれませんが^^;、さんざんな話ですよね~。
Commented by マルオ at 2014-04-27 20:48 x
室内音楽のサブスクリプションをしていた時、斜め前の女の人が怖かったのを思い出しました。

私が足を組み替えたときにちょっと音がしたら、ギロって睨まれたり、鼻息荒い人に眼飛ばしたり。。。

挙句の果てには、音大生が学校の宿題で所々演奏中にメモを取っていたら演奏中に激怒!!

わたしも周りの人も全然メモを書いていた音なんか聞こえなかったし。。

どんだけ耳が良いのか。。。正直その女性の旦那さんが何もホローもせず止めることもしないので、「旦那さん!自分の嫁とめよろ!!」って思いましたww

もうそれ以降サブスクリプション買わなくなったww

Commented by kawamuko at 2014-04-27 20:56
メモの音より、その女性の方がよっぽど
演奏の邪魔ですね・・・^^;

サブスクリプションって、席が決まってしまう
プランだと、シーズン中ずっと同じ人と席が隣に
なるので、そーいう人が近い席だと地獄ですよねー。
<< ミツワで朝ごはん ピアモントにオープンした新しいパブ >>


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事