都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2018年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

9,000円のコーヒーカップ買った

9,000円・・・というのは、買った当時の円換算ですが、今は円高傾向だから、もっと安いかな?笑

昨年のクリスマス、一年間の自分へのご褒美(笑)に、このコーヒーカップ買いました。
スマホ連動のセラミック・保温カップ。
d0240098_13052590.jpg



ハイテクカップらしく、アップルっぽいお洒落なボックスにはいって来ました。
d0240098_07333622.jpg



Blue Toothで、スマホと連動します。
d0240098_07351773.jpg

カップの下にある点滅がハイテクっぽくてお洒落です~。
ピンクとかグリーンとか、色もスマホで指定できます。
d0240098_07355078.jpg



で、コーヒーを入れますと・・・
d0240098_07360067.jpg


この通り、スマホに温度が表示されます。
スマホで好みの温度を設定すれば、最後まで熱々のお茶が飲めます。
d0240098_07413149.jpg


中身が空になると、この通り、「空」の表示。
2時間動きがないと、自動的に電源がオフになります。
d0240098_07414604.jpg


高かったけど、自分的には、昨年買ってよかったもののトップレベルに入ってます笑

ちなみに、このカップ、Emberのオフィシャルサイトで買うと79.95ドルなんですが、アマゾンで買うとなぜか170ドル超えるという・・
スタバでも売ってるみたいなので、アマゾンで高いの買わないように気をつけてくださいね~笑

Emberのオフィシャルサイト
https://ember.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

[PR]
by kawamuko | 2018-02-26 07:48 | 番外 | Comments(4)

生きた英語ーアメリカはダンキンで走る

America Runs On Dunkin.
表題はグーグル翻訳使って訳してみたのですが、極度乾燥(しなさい 風の訳になってしまいました笑

America Runs On Dunkin.
アメリカ人なら誰でも知っている、ダンキンドーナツのキャッチコピーです。
埼玉県人にとっての「うまい!うますぎる」に匹敵するフレーズですが、実は、アメリカ人もあまりよく意味がわかってないという・・笑

で、軽くリサーチしてみたところ、アメリカ人はダンキンのコーヒーとドーナツをエネルギーに毎日を積極的に前へ進む、というコンセプトで、2006年から使われているキャッチコピーだそうです。

というわけで、ワンポイント・生きた英語講座でした・・・?(笑)

オマケ。
ダンキンドーナツのバレンタイン・スペシャル・パッケージ。
スタッフの方が、オフィスに持ってきてくださいました♡
d0240098_09182331.jpg
ただ、ダンキンドーナツ、1個で軽く400キロカロリー以上ありますから、みなさん気をつけて召し上がってくださいね~^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-19 09:38 | 番外 | Comments(6)

ニューアーク空港が、なぜか日本ブームになってる

先月イギリスに行ったとき、ニュージャージー州にあるニューアーク空港からのフライトだったのですが・・・
d0240098_08324967.jpg

ユナイテッド・エアラインがあるターミナルCが、なぜかすっごく、ジャパ~ンでした。
なんと!こんなところに、東京でさえ存続にモメている築地が・・!
d0240098_08213940.jpg


でもまあ・・・売ってるお寿司は、ちょい微妙かな?笑
d0240098_08215107.jpg


なんかよくわからない寿司グッズも、売ってました笑
海苔巻き型タオルとか、石鹸とか。
d0240098_08230867.jpg


そして、その隣にはラーメン屋さん、その名も「替え玉」!
d0240098_08233975.jpg
ここは、メニュー覗き込んだら、結構な種類がありました。
フライトに搭乗後すぐ、夕食が出ることになっていたので、ここのラーメン試せなかったのが惜しい~・・・

そしてその正面には、その名も「侘びさび」テイクアウト。
でも、ここはメニュー見る限り、中華系なんちゃってジャパニーズ料理だと思います笑
d0240098_08245907.jpg
そんなこんなで、ターミナルのわずかな一角に、ジャパンがひしめきあうニューアーク空港・・・
他のターミナルは知りませんが(笑)、ターミナルCをご利用の際はお試しください♪

ちなみに昔、ユナイテッドエアでニューアーク空港着の飛行機に乗ったとき、荷物だけニューヨークのJFKに送られてしまったことがあります・・
2日後に、自宅に宅配便で届きましたが、ニューヨークとニューアーク、確かに音は似てるけど、空港名全然違うのに、ど~やって間違えるんだ・・・?
こんなところも、さすがアメリカです笑


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-17 08:40 | 番外 | Comments(4)

人は、いくらあれば幸せになれるのか?

世の中は今、AIに仕事を奪われると戦々恐々としてますが・・・
先週、ビル・ゲイツ氏が「AIのおかげで、人間はより多くの自由時間が手に入る」という主張をしたという記事を読みました。

すなわち、ロボットが人間の仕事を引き受けてくれれば、仕事の効率を高め、人間はより多くの余暇を持つことができるということですが・・・

それを聞いて、昔読んだ本を思い出しました。
How Much is Enough? : Money and the Good Life 
(いくらあれば十分なのか?お金と、良い人生)
d0240098_02453105.jpg
日本語訳は出てないみたいなんですが、ケインズの経済学を中心に、孔子やギリシア哲学まで論じた、なかなかに難解な本でした^^;

で、この本によれば、今回のビル・ゲイツの発言は、100年くらい前に産業が機械化したときに、ケインズがした「未来の予言」とまったく同じなんですよね・・笑
いわく、これからは機械が仕事をしてくれるから、人間はもっと余暇の使い方を考えなければならない、と。

が、現実は、人々の労働時間は増える一方で、それに比例して賃金は上がらず、一向に余暇を楽しめる生活にはなっていません。

このケインズの予言が現実化しなかった理由のひとつは、人間の飽くなき「欲望」を、ケインズが甘く見ていたことだそうです。
たとえば隣がレクサスを買えば自分はBMW、といった競争心ですね(その車自体が好きで買う人はもちろん別ですが)。
このために、人々は衣食住が足りた後も、労働時間を増やして、働き続けた。

そして、「幸福」の定義。
現代の幸福は、GDPを始めとする経済に定義され、その結果、どの国も、資本主義のチキンレースからもはや降りることができないでいるという・・・

現代の資本主義は、基本的に消費に頼ってます。
消費をあおるには、次々と新製品を出し、まだ使えるものも捨て、とにかく買い続けてもらわなければなりません。
たとえ、地球の資源が枯渇しても。

この点では、逆に最近モノが売れない、という言葉をよく聞きますが・・・
人がモノを買わなくなったというのは、所得格差という理由の他に、現代資本主義のチキンレースに、もううんざりしてる人が増えてきたんじゃないでしょうか・・?

最近、古民家が流行りといいます。
自分の手で家を直し、花や野菜を植え、井戸やかまどを復活させて、暖房は火鉢という昔ながらのシンプルな生活をたのしむ人が増えてきたのも、そういう理由なのかもしれません。
また、最近の若者たちが、ステイタスとしての高級腕時計や高級車に興味がないのも、そんな流れなのかもしれませんねー。

で、AIですが笑
AIが人間の労働時間を短縮し、富を生み出したとしても、経営者がその富を適切に労働者に分配しない限り、ビル・ゲイツやケインズの言う未来は実現しません。
でなければ、人々は仕事を失い、AIが及ばない仕事を奪い合い、競争のためにますます長時間を働くようになるだけ。
すなわち、重要なのは経営者の「モラル」です。
この点でも、利益を労働者ではなく、投資家に分配するために、粉飾決算や安易なリストラをするような企業は、もう生き残れない時代になってきてます。

また、ベーシックインカム制度というのも、この富の分配に役立つ方法と思いますが、これも人々が、他人と競争する生活ではなく、ほどほどの生活に満足してこそ、可能になります。

ニューヨークという、世界の投資と資本主義のど真ん中に住みながら読んだこの本、なかなか考えさせられるところがありました・・
自分自身、資本主義も投資も決して否定しませんし、そのおかげで生きてるわけですが。

ちなみにこの本は、イギリスの本です。
私は日本のバブル時期、イギリスで質素にまったりと生活してましたが(このせいでバブルの恩恵をあまり受けてない爆)、当時同年代の、イギリス人の学生や新卒の若者たちとシェアしていた安いフラットも、今では不動産バブルを経て2億円とか・・・

当時は、休日の朝には誰かが代表で、近所のオフライセンス(イギリスのコンビニ)に大量の新聞を買いに行き、それから映画を観に行って、夜はパブで飲んで話して・・・
土曜日の夜は、共同のダイニングに一台のテレビで、みんなでサタデーナイト・ライブを見て笑ったなぁ・・・

あんなに映画を観て本を読んで、人と話した生活は、後にも先にもあの時だけ。
お金もなにもなかったけど、自分の人生の中で、確実に、幸せと言える時期でした。

人は、いくらあれば幸せになれるのか?
AI時代を前に、もう一度考えるべき時が来てるのかもしれませんね~。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-10 07:55 | 番外 | Comments(6)

メトの新作のトスカがイイ!

先週、メトロポリタン・オペラの今シーズンの新作、「トスカ」を観てまいりました。
d0240098_00045609.jpg


ラストの身投げシーンで、前作はトスカの「空中浮揚」で爆笑され、その後ステージをブラックアウトする演出に変えてましたが、結局、前作のトスカは7年ぐらい?の短い命だったでしょうか・・・^^;

ちなみに前作は、こんなコンテンポラリーなステージでしたが・・・
d0240098_00083375.jpg
Photo:Metropolitan Opera


新作トスカは、豪華でクラシックな舞台に戻りました!
近年、オペラも若者層を惹きつけようと?コンテンポラリーな演出が増えてましたが、若者層も本当に観たい舞台は、こういうクラシックな舞台だと思うんですよねー。
d0240098_00084880.jpg
Photo:Metropolitan Opera


今回トスカを歌った Sonya Yonchevaさん。
貫くような美しい声に、なんといっても声量がスゴイ!
ブルガリア出身だそうですが、ブルガリアといえば、ブルガリアン・ヴォイス・・・強烈な肺活量と声に恵まれた方が多そう?笑

この日のメトオペラショップでは、彼女のCDが売り切れてました。
私も買ったけど笑
d0240098_00082193.jpg
Photo:Metropolitan Opera


城壁からの最後の身投げシーンも、クラシックでいながら、はっとさせるシーンに変わり。
とある評論記事では、「トスカのジャンプが安全になった」と書かれてました笑
d0240098_00161117.jpg
Photo:Metropolitan Opera


そんなこんなで、今シーズンのメトの新作のトスカ、後半はトスカ役が大御所アンナ・ネトレプコに代わり5月頃まで上演されるそうです。
個人的には Sonya Yoncheva、すごく良かったので、Sonyaさんのトスカ、観てほしいなあ・・・^^



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-04 00:26 | ヘタレなオペラ | Comments(5)

極度乾燥しらなかった・・

先月イギリスに行ったとき、マンチェスターのモールでこんな看板を見つけ、「ヘンな日本語」のネタとして写真撮ったのですが・・・
d0240098_11553892.jpg



実は、イギリスの高級お洒落ブランドで、世界中の(日本以外の笑)若者に大人気だそうですね~。
年間700億円超を売り上げるスーパーブランドで、ベッカムさんとかハリーポッターさん(笑)も着ているとか。
おばちゃん、全然しらなかったよ~^^;

確かに、売ってる服はお洒落そうでした笑
d0240098_11592038.png
というわけで、日本の若者達よ。
極度乾燥(しなさい)、ですよ笑

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-02 12:04 | 番外 | Comments(6)


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事