人気ブログランキング |

都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:地域の情報 ( 58 ) タグの人気記事

ロックランドに住むセレブ

新型ウイルス自粛が続いておりますが、こんな時はセレブのみなさんも、郊外の別荘に避難されている?のではないかと思い・・・ロックランドに住むセレブのご紹介など(笑)

セックス・アンド・シティのエピソードで、牛がいるド田舎として描かれたロックランドですが(私は牛は見たことないですが^^;)、実は結構なセレブの方が別荘をもっていらっしゃいます。

とはいっても、セレブの方が集中しているのはここ↓
Palisadesのハドソン川沿い、Snedens Landingと呼ばれる小さな地域。
コロンビア大学のラモント地質学研究所と、Tallman 州立公園にはさまれた自然豊かな地域ですが、この狭い地域にハリウッド俳優や演出家、有名アーティストが集中して家を持っているので、不動産エージェントの間では "Hollywood on Hudson" (ハドソン川のハリウッド)と呼ばれているとか。
ロックランドに住むセレブ_d0240098_21060936.jpg
Map from New York Post


Snedens Landingは、古くは入植時代に対岸のDobbs Ferryに渡る船が発着された場所ですが、この狭い地域に集まるお屋敷は、どれも億超え・・・
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20133766.jpg
Photo: New York Times


古くはアル・パチーノも住んでいたりしましたが(理系オタクは、コンビニでコーヒーを買っていたアル・パチーノを見たことがあるとか笑 あと、アル・パチーノの妹さんが、我が家と同じ通りのつきあたりに住んでました)、最新のところでは、スカーレット・ヨハンソンが、2年前にアイビー・ハウスと呼ばれるツタのからまるお屋敷を約4億円で買いました。
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20182458.jpg



そして、映画「ロスト・イン・トランスレーション」でスカーレット・ヨハンソンと共演したビル・マーレイも、そのすぐご近所。時には、会ったりしてるんでしょうか笑
一時はPalisadesの家を売却しましたが、近所の大工さんの話によると(笑)、最近また戻ってきたそうです。
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20264468.jpg


ビル・マーレイさんといえば、ゴースト・バスターズが一番有名ですね。
アメリカを代表するコメディアンの一人です。
ローカルな話ですが、理系オタクの友達は、ハイスクール時代は水泳部で、ビル・マーレイの家で開かれたプールパーティで、監視員のバイトをしたことがあるそうです笑
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20331986.jpg


二人が共演したロスト・イン・トランスレーション。
この映画を観て、日本への観光客が増えたとか笑
ロックランドに住むセレブ_d0240098_21264413.jpg


そして私的に一番感動?したのは、ロシア人の世界的ダンサー、ミハイル・バリシニコフが住んでいたこと・・
残念ながら2010年にマンハッタンに引っ越してしまいましたが、子供の頃映画「ホワイトナイツ」で大ファンになり。将来あの方の近くに住むことになるなんて、当時は夢にも思わなかったなあ・・・結局、ご本人を見かける機会は一度もありませんでしたが^^;
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20395030.jpg


お家の中は、こんな感じだった模様・・(NBCニュースから)
Lawrence Laneにある古いお屋敷です。今はご親族?が住んでいるという噂も。
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20445577.jpg


もう、あまりにダンスシーンが素敵なので、貼っちゃいます笑
クラシックバレエ出身なだけに、キレッキレ。
当時ソ連のKGB監視下で、アメリカ人タップダンサーとダンスの練習をするふりをし、油断させておいてこのまま脱走するというシーン。


ちなみにバリシニコフさんは実生活でもソ連から亡命してますが、ソ連崩壊後、故郷のラトビアに里帰りすることができたそうです。
最近では、高松宮殿下記念世界文化賞を受賞し、授賞式に変わらぬイケメンなお姿で現れました^^


オマケ。
これは、アンジェリーナ・ジョリーが育った家。80年代まで住んでいました。
この家はWoods Roadの奥、森の中にあります。
アンジェリーナ・ジョリーは、ハイスクールではかなりの風雲児だったそうですが、まあ大物になる人はそういうものなんでしょうね笑
ちなみに映画「キル・ビル」のユマ・サーマンも、この地域に住んでました。
ロックランドに住むセレブ_d0240098_20471265.jpg


マンハッタンに行けば、それこそ世界に名だたるセレブがうじゃうじゃ住んでいるのですが、みな超高層コンドミニアムの中でセキュリティ厳重、お家を拝見できる機会などありません。こんな風にセレブの別荘が普通に紹介されてるのも、まったりしたロックランドならではこそ笑
この地域の道路は、私有地を除けば普通に入れますし、ハドソン川までジョギングしてる人もよく見かけます♪

新型コロナでショー・ビジネス界も大変な時。
セレブの皆さん、どうぞロックランドでゆっくり静養してください~^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2020-07-18 21:48 | Palisades - パリセイド | Comments(6)

クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版


クリスマスシーズンのマンハッタンを、またまた歩いてきました。
ちなみに昨年2018年バージョンは、こちら(笑)

まずはグランドセントラル駅からスタート。
時計台のあるコンコース・・・毎年同じ飾りつけですが、グランドセントラル・ターミナルにこの飾りつけが出ると、ああ今年もあと少しだなあ・・と感じます。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22232822.jpg


ゴディバ前のクリスマスツリーは去年と同じだけど(笑)、ゴールド系はやっぱりゴージャスですね♪
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22390835.jpg
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22392783.jpg


Jacques Torres という人気ショコラティエのお店。
にぎやかに集う、サンタクロースや雪だるまのチョコレートたち♪
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22242964.jpg


お洒落なクリスマスツリーに、招き猫発見(左右下あたり)笑。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22245456.jpg


クリスマスのオーナメントを売るお店。
鳥たちが、美しいですね~。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22254149.jpg
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22260771.jpg
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22263719.jpg


そして駅を出て・・・
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22270960.jpg


グランドセントラル駅にも、巨大なクリスマスリース。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00494288.jpg



42丁目の陸橋もクリスマスカラーです。その下にはリムジン、ずらり。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00072949.jpg


40丁目のオフィスビルの華やかなツリー。このツリーの間を通っての出退勤は、この時期ウキウキでしょうね~笑
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00082660.jpg


このオフィスビルのツリーは、オモチャがたくさん。
これは恵まれない子供たちへのプレゼントになるんでしょうね。この時期、アメリカではこういったオモチャの寄付イベントがたくさん行われます。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00101553.jpg


ブライアントパークから見上げるエンパイア・ステートビルディング。
ビルのライトアップは、まだクリスマスカラーではありませんねー。12月25日には、これが赤と緑にライトアップされます。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22274806.jpg


ブライアントパークのクリスマスツリー。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22300154.jpg



恒例のスケートリンク。みんな楽しそう~
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22293431.jpg


クリスマスカラーにライトアップしたオフィスビル。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22320212.jpg


ロレックスのショーウィンドウにトナカイさんめっけ。
リッチなサンタさんですねー笑
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22332266.jpg

途中の本屋さんのクリスマスギフトコーナーで、こんな本を見つけました。
題名はともかく(笑)、表紙が可愛い~♪
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_22325363.jpg


これは、夜お食事に言った天ぷら屋さんのクリスマスデコレーション。
あまりにお洒落なので、写真撮らせていただきました。
天ぷら屋さんの話はまた今度・・・(笑)
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00150336.jpg
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00151872.jpg
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00152989.jpg



こんなツリーの並木道を通って、駅まで帰ります。
クリスマスのマンハッタンを歩いてきたー2019年版_d0240098_00112479.jpg
そんなこんなで、ぼちぼちと撮りためた、2019年マンハッタンのクリスマスシーンでした。
皆様メリークリスマス!^^


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2019-12-18 19:03 | 川越えてマンハッタン | Comments(4)

ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢

マンハッタン界隈には、大家のアートを飾っている邸宅がごまんとあります。
私の知り合いのお宅にも、フツーに本物のルノワールのデッサンが飾ってありました笑

庶民はもちろんそんな作品は買えませんが(笑)、でもそこはニューヨーク。
才能あるアーティストたちがたくさん集まってます。
そして、彼らから買えるのは、世界でたった一つのアート。
Pottery BarnとかWest elmとかで買うような大量生産品とは、クオリティもオリジナリティも段違いです(いや、あそこの商品も好きですが^^;)。
これって、実はすごく贅沢なことですよね~・・・まさにニューヨークに住んでいてこそ、の贅沢です。

そんなわけで、Rockland Center for the Artsのアートフェアに、クリスマスショッピングに行ってまいりました^^
その名も、「あなたにも買える(Affordable)アートと陶器のバザール」笑
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21101503.jpg


まずは、今回このイベントにお誘いくださった WASABIさん の折り紙ジュエリーへ。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21120523.jpg



折り紙で作ったジュエリーで、とっても繊細で綺麗です♪
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21313027.jpg


我が家は、おばあちゃんへのクリスマスギフトにまずこれを選びました。
これ、重厚感ありますが、折り紙なので、すっごい軽いんですよ~!
サイズも大ぶりで、着けたらとってもゴージャスになりそう。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21315320.jpg


そして、小姑さんへのギフトにはこれ。
すごく高級感あって、黒のパーティドレスとかに似合いそうです~^^
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21321387.jpg


で、せっかく来たので、陶器コーナーも観てまいりました。
素敵なアートがたくさん!
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21352661.jpg
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_22474993.jpg
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21362349.jpg



で・・・もちろん、買ってしまいました^^;
だって、お値段が、40ドルから80ドルと、すっごく手ごろなんですよ~!
さすが、「あなたにも買える」アートフェアだけあります笑

まずは、一目ぼれして買ったこのヤモリ。
すっごく繊細です。日本人アーティストの作品だそうです。美しいです~♪
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21391242.jpg


これはね、もう、置くところ最初からここと決めて買いました。
お風呂場の洗面台の上。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21441813.jpg


ヤモリは家を守り、幸運を運ぶといいます。
ヤモリさん、新しいお家、気に入ってくれるといいなあ・・^^
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21453872.jpg


で、次に買ったのがコレ。
これは形と質感に惹かれて即買い。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21473869.jpg


草月流風に、草木の一輪挿ししてみました~。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21482653.jpg


そして最後は、この猫ちゃん。
これはお友達へのクリスマスギフトです。彼女が飼ってる猫ちゃんに似てるので笑
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21494404.jpg


後ろには、イタズラな子猫たち・・
前の猫にちょっかい出してますね笑
こういうディティルまで凝った作品は、大量生産品では買えません。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21501653.jpg


で、一通りお買い物してWASABIさんの折り紙ジュエリーのブースに戻ってみると・・
わずかな時間にこんなに売れて、2列くらい一気になくなってました。
さすがWASABIさん!
フルタイムで働き、2歳のお子さんも育て、アートまで作るなんて、本当にスーパーウーマンです^^
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21512722.jpg

WASABIさんの華やかな折り紙ジュエリーが欲しい方は、こちらへ ・・
下の名刺の、ウェブサイトはまだ開いていないというおちゃめなWASABIさんですが笑
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_22013239.jpg


このアートフェア、陶器の方は来週21日までやってます。
パリセイドモールのすぐ近くなので、お買い物のついでにぜひどうぞ♪

Rockland Center for the Arts
27 S Greenbush Rd
West Nyack, NY 10994


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2019-12-14 22:13 | 野生の王国・ロックランド | Comments(6)

ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢

マンハッタン界隈には、大家のアートを飾っている邸宅がごまんとあります。
私の知り合いのお宅にも、フツーに本物のルノワールのデッサンが飾ってありました笑

庶民はもちろんそんな作品は買えませんが(笑)、でもそこはニューヨーク。
才能あるアーティストたちがたくさん集まってます。
そして、彼らから買えるのは、世界でたった一つのアート。Pottery BarnやWest elmで買うような、大量生産品とは、クオリティもオリジナリティも段違いです(いや、あそこの商品も好きですが^^;)。
これって、実はすごく贅沢なことですよね~・・・まさにニューヨークに住んでいてこそ、の贅沢です。

そんなわけで、Rockland Center for the Artsのアートフェアに、クリスマスショッピングに行ってまいりました^^
その名も、「あなたにも買える(Affordable)アートと陶器のバザール」笑
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21101503.jpg


まずは、今回このイベントにお誘いくださった WASABIさん の折り紙ジュエリーへ。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21120523.jpg



折り紙で作ったジュエリーで、とっても繊細で綺麗です♪
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21313027.jpg


我が家は、おばあちゃんへのクリスマスギフトにまずこれを選びました。
これ、重厚感ありますが、折り紙なので、すっごい軽いんですよ~!
サイズも大ぶりで、着けたらとってもゴージャスになりそう。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21315320.jpg


そして、小姑さんへのギフトにはこれ。
すごく高級感あって、黒のパーティドレスとかに似合いそうです~^^
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21321387.jpg


で、せっかく来たので、陶器コーナーも観てまいりました。
素敵なアートがたくさん!
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21352661.jpg
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21362349.jpg


で・・・もちろん、買ってしまいました^^;
だって、お値段が、40ドルから80ドルと、すっごく手ごろなんですよ~!
さすが、「あなたにも買える」アートフェアだけあります笑

まずは、一目ぼれして買ったこのヤモリ。
すっごく繊細です。日本人アーティストの作品だそうです。美しいです~♪
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21391242.jpg


これはね、もう、置くところ最初からここと決めて買いました。
お風呂場の洗面台の上。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21441813.jpg


ヤモリは家を守り、幸運を運ぶといいます。
ヤモリさん、新しいお家、気に入ってくれるといいなあ・・^^
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21453872.jpg


で、次に買ったのがコレ。
これは形と質感に惹かれて即買い。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21473869.jpg


草月流風に、草木の一輪挿ししてみました~。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21482653.jpg


そして最後は、この猫ちゃん。
これはお友達へのクリスマスギフトです。彼女が飼ってる猫ちゃんに似てるので笑
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21494404.jpg


後ろには、イタズラな子猫たち・・
前の猫にちょっかい出してますね笑
こういうディティルまで凝った作品は、大量生産品では買えません。
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21501653.jpg


で、一通りお買い物してWASABIさんの折り紙ブースに戻ってみると・・
わずかな時間にこんなに売れて、2列くらい一気になくなってました。
さすがWASABIさん!
フルタイムで働き、2歳のお子さんも育て、アートまで作るなんて、本当にスーパーウーマンです^^
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_21512722.jpg

WASABIさんの華やかな折り紙ジュエリーが欲しい方は、こちらへ ・・
下の名刺の、ウェブサイトはまだ開いていないというおちゃめなWASABIさんですが笑
ニューヨーカーは、ローカルアーティストの作品を買うのが贅沢_d0240098_22013239.jpg


このアートフェア、陶器の方は来週21日までやってます。
パリセイドモールのすぐ近くなので、お買い物のついでにぜひどうぞ♪

Rockland Center for the Arts
27 S Greenbush Rd
West Nyack, NY 10994


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2019-12-14 22:13 | 野生の王国・ロックランド | Comments(0)

スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン

ニュージャージーのRock The Riverマラソンに参加してまいりました^^
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_08561263.jpg


ワシントンブリッジがすぐ側に見える、Ross Dockピクニックエリアからのスタートです。
近くのMac-Callビルの駐車場からシャトルバスが出てますが、朝早く来れば、Ross Dockの駐車場に停められます。
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_08553761.jpg

ワシントンブリッジのたもとからスタート・・・ワシントンブリッジをこのアングルから見たのは初めて!
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_08591442.jpg


ハーフ・マラソン参加の理系オタクは先にスタート。
私は15分遅れてスタートの5kに参加・・・普段、週末に7-10k走るので、5kなんて楽勝!と思ってたのですが・・・
いきなり、この心臓破りの坂。聞いてないよ~^^;
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_09013985.jpg


それでも普段ロックランドの坂が多い地形で鍛えてますので(爆)、早速、坂道で歩いてる参加者たちを追い越し、全体の50%よりはやや上でゴール・・・笑
ちなみに5kで一位の男性は17分。速いですね~っ!

で、このマラソン、スポンサーが結構豪華。
この展示のメルセデスは賞品?と聞いたら、これはスポンサーの広告で、賞品は200ドルとスニーカーだそうです笑
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_09051102.jpg


でも、サンドイッチにベーグルにフルーツ、飲み物もジュースからコーヒーまでそろっていて、毎年出ているブロンクス・リバーパークウェイマラソンより、ホスピタリティテントがはるかに豪華(笑)
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_09061622.jpg
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_09064130.jpg
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_09074985.jpg
理系オタクは、昨年の別のマラソン大会で、年代別1位で賞状もらったので、今回も年代別1位狙いだったのですが、女性に負けて2位・・・45秒差だったと悔しがってました笑

そんなこんなで、今年のマラソン第一弾は無事終了・・・
次は、2週間後のブロンクスリバー・パークマラソンです♪

オマケ。
展示されていたメルセデスC300の内装。
高級感あふれて、やっぱスバルとは違うなあ・・・笑
スポンサーが豪華なRock the Riverマラソン_d0240098_09144806.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2019-09-23 09:19 | ロックランド+ | Comments(4)

NJの穴場のビーチ

日帰りで、海に行ってまいりました。
ダイソーで買った、3.5ドルの麦わら帽子とともに・・・笑
NJの穴場のビーチ_d0240098_08162928.jpg


お嬢さんがNJのビーチハウス在住というアメリカ人の方から、NJの穴場のビーチを教えていただきました。
ロックランドの我が家から車で1時間半ほどの、Long Branch Beach.
NJの穴場のビーチ_d0240098_08484164.jpg
NJの穴場のビーチ_d0240098_08180392.jpg
この先に、有名なAsbury Park Beachがあるのですが、そちらよりも空いていて、駐車場も朝11時くらいまでに入れば大丈夫だそうです。

とりあえずGPSに従って、最初に見つけたパブリック・パーキング。
ここから海まで、歩いて1分という便利なロケーション♪
このパーキングは、帰る時にパーキング内の自動支払機で駐車料金を払うシステムです。この日は6時間ほど停めて、平日料金で15ドルでした。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08224687.jpg


パーキングから一番近いチケット売り場で入場券を買って、ビーチに入りました。
平日は一人5ドル、週末は7ドルだそうです。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08252217.jpg


スマホで電子チケットを購入することもできます。
週末混んでいるときは、便利そうですね~!
NJの穴場のビーチ_d0240098_08261319.jpg


チケット売り場のすぐ前に、広い化粧室もあって、便利です。
ここは料金無料。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08274323.jpg


チケットを買うと、こんなバッジをくれます。
このバッジをつけていれば、ビーチに自由に出入りできます^^


NJの穴場のビーチ_d0240098_08285921.jpg


そんなこんなで、前置きが長くなりましたが(笑)、いざ、ビーチ!
NJの穴場のビーチ_d0240098_08300167.jpg


朝10時半、静かな海です・・・
NJの穴場のビーチ_d0240098_08303660.jpg


ゴミ一つ落ちてない、きれいな砂浜。
さすが、有料ビーチです笑
NJの穴場のビーチ_d0240098_09163082.jpg


そして月曜日のビーチで、波の音を聴きながらペリエで乾杯。
月曜日ですよ、月曜日。
こんな極楽な月曜日、他にあります!?笑
NJの穴場のビーチ_d0240098_08314140.jpg


ビーチでは、去年、タングルウッドに行くのに買ったカノピー付の折りたたみチェアが大活躍。
これあると、パラソル全然要りません。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08325281.jpg


UVカット付で、ビーチにオススメです。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08345370.jpg

オヤツや飲み物は持参したのですが・・・
NJの穴場のビーチ_d0240098_08354685.jpg


昼食は、ビーチサイドのハイソっぽいレストランからテイクアウト。
「シャツとシューズ着用」の注意書きがありましたが、テイクアウトしたいと言ったら、ビーチサンダルでも入れてくれました笑
NJの穴場のビーチ_d0240098_08364721.jpg

バーでテイクアウトを待ってたら、隣のお金持ちそうなカップルが、デッカいキングクラブの盛り合わせを豪華に食べてました笑
そのカップルの女性の帽子越しに撮った海は、まるでカリブのよう・・・
NJの穴場のビーチ_d0240098_08381973.jpg


で、我が家はロブスターロールをテイクアウト。サラダ付です。
テイクアウトなので見た目はなんですが(笑)、全然魚臭くなくて、めっちゃ美味しかったです!!
NJの穴場のビーチ_d0240098_08400936.jpg
NJの穴場のビーチ_d0240098_08401643.jpg


お値段も普通で、ビーチサイドで観光客相手にぼったくる(笑)ようなことはなく、地元の人が普通に行くお店という感じがしました。

そして食後・・・なんと、理系オタクが、日本語の勉強を始めました。
えっ・・・ビーチで!?^^;
NJの穴場のビーチ_d0240098_08421501.jpg


なので、私も対抗?して、文庫本・・・
こういうところでは、あまり頭使わない軽いエッセイみたいなのが良いので、大昔に古本屋で100円で買った片岡義男(笑)
NJの穴場のビーチ_d0240098_08432877.jpg


そして時は経ち・・・
朝のうちは、歩いて渡れた岩場も、
NJの穴場のビーチ_d0240098_08463635.jpg


潮が満ちて、海の中。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08474851.jpg


なので、そろそろ撤収です。
帰る前に、せっかくなので、長いウッドデッキをお散歩。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08500763.jpg



小さな街ですが、素敵なレストランやお店がたくさんあるビーチです。
NJの穴場のビーチ_d0240098_08505879.jpg
NJの穴場のビーチ_d0240098_08510703.jpg


月曜日でもそこそこ混んでいたので、週末はかなり混むのではないかと思いますが、朝のうちは人も少ないので、11時頃までにビーチに入られることをおすすめします♪
NJの穴場のビーチ_d0240098_08554271.jpg
Long Branch Beach
4 Ocean Ave.
Long Branch
NJ 07740


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2019-08-14 07:06 | ロックランド+ | Comments(4)

1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾

以前、1820年築のお家のガレージセールで、18-19世紀のキャンドルホルダーを1ドルでゲット(笑)してしまった記事を書きましたが・・・(過去記事:築198年のお家のガレージセールは格が違った
その後その家は売りに出されていますが、今度は家の持ち物等を売るEstate Saleを1日限定でやっていました。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10194194.jpg


前回の、嫁いだ娘さんがドライブウェイで開いていたカジュアルなガレージ・セールと違って、今回は古物商の方が立ち会っているという本格的なセール。
ロックランドカウンティの歴史的建築物に指定されている、お家の中にもお邪魔できました。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10211850.jpg


人様のお家なので、あまり写真をアップするのもなんなのですが、まあオープンマーケットに売りに出ている家なので^^;
歴史を感じる素敵なストーブです~。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10241569.jpg


素敵なアンティークもたくさん。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10225723.jpg



で、今日の我が家の買い物その1。
1920年のグラスのセット。これぜ~んぶでなんと60ドル!
ドイツ製だそうです。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10262963.jpg

お値段が格安なだけに、グラスのクリーニングは自分で・・・笑
ビフォー。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10281719.jpg


アフター。
本物のクリスタルだけに、ちょっと洗っただけでピッカピカの輝きです^^
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10304507.jpg



で、今日のお買い物その2。
お香を焚くガラスの容器。
蚊取り線香たくのにいいな~、とか軽く思ってたら、オーストリアのLoetzという結構有名なアンティークのクリスタルだそうです。
Loetzは偽物も多いそうなのですが、これは名刺もくれた古物商の方が、本物とお墨付きをしてくれたので、信用するとして・・・(笑)
さすがにお値段はお高くて、140ドル。理系オタクが、ATMに走りました笑
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10365203.jpg


光に透かすと、きれいです~。
蚊取り線香にはもったいないので、夏のお花でも生けようかな?笑
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10375610.jpg


そして、本日最後のお買い物。
この家の建築当時?の絵です(写真みたいに見えますが、古物商の方が拡大鏡で見て、エッチングだと言ってました)。
この絵を飾るのは、やっぱりここしかないな~・・・と思い、前回のガレージセールで買った18-19世紀のキャンドルホルダーの隣に。両方とも、このお家の歴史です。
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10404138.jpg
ちなみにお値段は、25ドルでした。

このお家、外から見るより中はとても大きくて、7部屋もあります。
歴史的建築物だけにリフォームの規制も多いらしく、売りに出してそろそろ1年近くになりますが、まだ買い手がついてないようです。
ちなみに、お値段等の情報はこれ(笑)
この物件情報には、1830年築と書いてありますが、Palisadesの歴史の本には1820年とありますので、おそらくタイポでしょうね~・・・ご興味のある方はぜひ!^^
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10434666.jpg


地域に愛されている素敵な家なので、どうか、素晴らしいオーナーが見つかりますように・・・
1820年築のお家の格が違うガレージ?セール、第二弾_d0240098_10455142.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2019-08-11 10:56 | Palisades - パリセイド | Comments(2)

築198年のお家のガレージセールは格が違った

我が家の近所に、1820年に建てられたお家があります。
州の歴史的建築物に、指定されています。
築198年のお家のガレージセールは格が違った_d0240098_03164000.jpg



こんな風に、地区の歴史の本にも紹介されているお家ですが、今も普通に人が住んでいます。
築198年のお家のガレージセールは格が違った_d0240098_03170697.jpg
このお家が売りに出され、先日ガレージセールが開かれました。
アメリカでは、頻繁にガレージセールが開かれますが、基本コンセプトは、誰かの不要品は誰かの必要品ということで、いわばご近所でのリサイクル。

でも、このお家は1820年築・・・日本は江戸文政時代、まだ鎖国まっただなかの時代にできたお家です。
これは掘り出し物あるかも・・!?という期待と、この歴史的なお家に住む方々とお話できるかな?という期待で、ガレージセールに行ってまいりました。

お家の持ち主である年老いたお母様に代わり、嫁いだ娘さんがやって来てガレージセールを仕切ってましたが、正面玄関のオリジナルの階段をサイドに移した理由や、ポーチは今も当時のままであること、規制の準拠や補修維持の大変さなど、色々なお話を伺えてとても興味深かったです。

で・・・
今回、このお家のガレージセールでゲットしたのが、このキャンドルホルダー。
築198年のお家のガレージセールは格が違った_d0240098_03304767.jpg


鋳鉄製です。
キャンドルの隣のはさみのようなクリップは何に使うのか聞いたら、当の娘さんも??で、「写真でもはさむんじゃないかしら?」
いや、それフツーに燃えますよね・・・(^^;)と思いつつ、とりあえず買って帰ってネットで調べてみたところろ、このクリップのようなもの、ラッシュ・ホルダーと呼ばれることがわかりました。
築198年のお家のガレージセールは格が違った_d0240098_03445023.jpg



Rush とは、日本で言うイグサのことだそうで・・
下はネットで見つけた写真ですが、油を浸したイグサを、このようにラッシュ・ホルダーにはさんで灯をともすそうです。
日本でも、昔はろうそくの芯にイグサを使ってましたよねー。
築198年のお家のガレージセールは格が違った_d0240098_03323463.jpg
18世紀にイギリス政府がロウソクに税金をかけ始めた結果、ロウソクが買えなくなったイギリスの貧しい家庭がイグサをロウソクの代わりに使い始め、19世紀にかけてこのタイプのキャンドルホルダーが大量に作られたそうです。

ただ北米では、イグサがロウソク代わりに使われることはあまりなかったそうで、アメリカに残るラッシュ・ホルダー付のキャンドル立ては、ほとんどが18-19世紀にイギリスから輸入されたものだとか。

このホルダー、このお家の物置にずっとあったものを今回ガレージセールに出したそうですが・・・
このお家、1840年には雑貨店だったそうなので、その頃に売り物としてイギリスから輸入されたものかもしれませんねー。

わずか1ドルで譲っていただいちゃったんですが、e bayやアンティークサイトで調べたら、状態や年代によって$50から$1,000の値段がついており・・・
私が買ったのは19世紀の大量生産品ぽいので、それほど高くはないと思うのですが、それでもあの家の歴史の一部と思うと、売ったりしないで大事にしようと思います^^

結局、こんな風に↓コーディネート・・・雰囲気合わせようと?遊牧民族のテントの革で作られたライトの隣に置いてみました。
築198年のお家のガレージセールは格が違った_d0240098_04123024.jpg


いやしかし、さすが200年近く前のお家のガレージセール、出品される物の格が違いますねー。
ちなみに全然関係ありませんが、ここのお孫さんは日本の大学に留学中で、日本大好きだそうです笑


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2018-09-29 21:40 | Palisades - パリセイド | Comments(6)

ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み

夏も終わり、秋の気配ですが・・

アメリカではみなさん2週間は休みを取るのが一般的ですが、我が家の今年の夏休みは、土日くっつけて3日間だったので、ホテルをちょっと贅沢してみました^^
マサチューセッツのタングルウッド近く、Hotel on North。
モダンでシックなデザインのホテルです。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11404545.jpg


各階ごとに、廊下にこんなスペースがあります。
我が家が泊まった階は、アートギャラリーになってました。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_07572654.jpg

吹き抜けで広々してます。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11355014.jpg


下の階のスペースは、ライブラリーになってて、本棚横の小さなカウチでリラックスして、本を読んでる宿泊客の方もいました。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_20352696.jpg
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11361122.jpg

お部屋も、モダンでシックなデザインです。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11344312.jpg
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11512007.jpg


広いキッチンもついてて、ルームサービスを取ったときも、とっても便利でした。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11351131.jpg

ワークスペースもこの通り・・・
結局、ホテルで数時間ほどお仕事になってしまったので、このデスクはとっても助かりました^^;
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11350196.jpg


ミニバー周りには、本もたくさん・・
このホテル、あちこちに本が置いてあるのですが、本格的なライブラリー付(本棚に梯子のあるヤツ)のお部屋もあるそうです。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11384757.jpg

本棚にあったハーレーの本。
そういえば、ホテルに来る途中、ハーレーでツーリングするライダーたちを、たくさん見かけました。
ハーレーでツーリング、アメリカン・ドリームですね~♪
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_20331216.jpg


バスルームのアメニティもお洒落です♪
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11353769.jpg


ホテルに入っているレストランも、落ち着けていいレストランでした。
天候がいまいちだったこともあって、結局このレストランでディナーとランチ、ルームサービス1回と活用しまくり笑
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11472179.jpg


夕食で食べたバジルとトマトのスープ。
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11363533.jpg


そしてせっかくマサチューセッツに来たので、もちろんオイスター♪
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11365279.jpg


きのこのリゾットも美味しかったです。
これは食べきれなかったので、お部屋に持ち帰って翌朝の朝食に・・・
こういう時、キッチンついてるお部屋だと便利です笑
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_11372670.jpg


駐車場も完備、スタッフの方々もとってもフレンドリーで、満足のホテルでした^^
また泊まりたいな~
ちょっと贅沢なホテルに泊まった夏休み_d0240098_20430297.jpg
Hotel on North
297 North St.
Pittsfield, MA 01201


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2018-09-23 20:43 | 番外

白鯨が生まれた家に行って来た

夏休み、マサチューセッツのタングルウッドに行ってまいりましたが、LENOX市街からの道すがら、アメリカ文学「白鯨」を書いたメルヴィルの家があります。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09550181.jpg



普通の住宅地にあるので、見落としてしまいそうですが、ちゃんと看板が出ています。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09543994.jpg



メルヴィルが住んでいた当時の納屋だった小屋が、見学者の受付場所になってます。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09565307.jpg



見学の受付所に入るといきなり、モービィ・ディックこと、白鯨さんが、人食べてるし・・・^^;
実際、人喰いマッコウクジラというのは存在しないそうで、メルヴィルに濡れ衣着せられた?笑
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09571106.jpg



食べられてるのは、物語の最初の方に出てくるラドニーさんかな?
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09571963.jpg



売店には、メルヴィルさんのブロマイドと一緒に、オリジナル白鯨マグネットも売ってます。
白鯨さん、目座ってるよ~^^;
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09575516.jpg



これは、主人公のイシュメールが、銛打ちのクイークェグと出会った「潮吹き亭」のミニチュア。
細部までよくできてます~。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09585024.jpg
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_10164119.jpg

メルヴィルはマンハッタンの裕福な家で生まれましたが、父親が事業に失敗して亡くなった後貧困に追い込まれ、20代の時に、一家に対する借金取りから逃げるために、兄の勧めで捕鯨船に乗り込みました。

しかし過酷な捕鯨船の仕事から脱走し、南洋の島で人喰い人種と生活を共にしたり、英国船に乗り込んで乱闘に巻き込まれ、刑務所に入れられたもののそこも脱獄、最後にはハワイで米国海軍に拾われて海兵となり、ようやくニューヨークに帰ることができたという、ワンピースも顔負けの大冒険をしました笑

そのメルヴィルが、若き日の冒険を「白鯨」に託して書いたのが、この書斎です。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_10281986.jpg


この日はあいにく曇っていてよく見えなかったのですが、この書斎の窓から見える山の尾根の形から、白鯨のアイディアを得たそうです。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09562425.jpg



冬場には、こんな風に雪をかぶった尾根が、白い鯨に見えるのだとか・・・
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09561359.jpg



メルヴィルの手書き原稿。
メルヴィルはプロの小説家ではなく、物書きの訓練も受けてません。
貧困から10代で学校をやめざるを得ず、20代でもう一度学校に戻ったそうです。
ここに展示してある手書き原稿は、比較的きれいなものを選んであるそうで、多くの原稿は、誤字脱字がものすごいそうです。
それでも、彼が心に詰まったあふれる思いを、ペンに紡ぎだしてゆく勢いが、手書き原稿から感じられますね~。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_09554868.jpg

ちなみにこの家は、ガイドさんと一緒でないと中には入れません。
ご愛嬌なのが、若い女性のガイドさんが、「白鯨」を読み終えたことがないということ・・・笑
この夏、モービィディック・マラソンという、6日間で「白鯨」を読み終えるイベントに参加すると言ってました。

かくいう私も、「白鯨」は日本語訳で読みました・・
英語なら大抵の本は原語で読むのですが、これは第十五章くらいでギブアップ^^;
「白鯨」が出版された当時も、アメリカ人にとってすら、あまりの難解さから売れなかったというそうなので、私ごときが難渋したのはあたりまえ・・・笑

↓は、今回のバケーションの前に、ミツワの紀伊国屋で買って読み直した角川文庫版。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_10410994.jpg



本当にメルヴィルの鯨に対する熱い思いがぎっちりと詰まった本で、司馬遼太郎さんスタイルというか、本筋からそれて色々な文献を引っ張ってきて、鯨の歴史から生物学的考察や、鯨をテーマにした美術作品、果ては哲学に宗教まで論じ、加えてプロのライターではないので、情熱のままに書き綴り、結果、難解で長い本になってしまったんですね笑

彼がそんな風に情熱を燃やして、この大作を書いた書斎が見られて、私も感無量でした^^

お土産に、売店で売っていたガラス細工の白鯨を買いました~。
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_10474144.jpg

お風呂場に、我が家の黒猫チャンドラーと並べて置いてみました^^
今年の夏の思い出です♪
白鯨が生まれた家に行って来た_d0240098_10475770.jpg
Arrowhead Museum
780 Holmes Rd
Pittsfield, MA 01201


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
タグ:
by kawamuko | 2018-09-02 11:19 | 番外 | Comments(2)


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事