都会に疲れたニューヨーカーたちへ~NY ロックランドの週末


ハドソン川の向こうで過ごす 週末ガイド
by kawamuko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:雑記 ( 176 ) タグの人気記事

築198年のお家のガレージセールは格が違った

我が家の近所に、1820年に建てられたお家があります。
州の歴史的建築物に、指定されています。
d0240098_03164000.jpg



こんな風に、地区の歴史の本にも紹介されているお家ですが、今も普通に人が住んでいます。
d0240098_03170697.jpg
このお家が売りに出され、先日ガレージセールが開かれました。
アメリカでは、頻繁にガレージセールが開かれますが、基本コンセプトは、誰かの不要品は誰かの必要品ということで、いわばご近所でのリサイクル。

でも、このお家は1820年築・・・日本は江戸文政時代、まだ鎖国まっただなかの時代にできたお家です。
これは掘り出し物あるかも・・!?という期待と、この歴史的なお家に住む方々とお話できるかな?という期待で、ガレージセールに行ってまいりました。

お家の持ち主である年老いたお母様に代わり、嫁いだ娘さんがやって来てガレージセールを仕切ってましたが、正面玄関のオリジナルの階段をサイドに移した理由や、ポーチは今も当時のままであること、規制の準拠や補修維持の大変さなど、色々なお話を伺えてとても興味深かったです。

で・・・
今回、このお家のガレージセールでゲットしたのが、このキャンドルホルダー。
d0240098_03304767.jpg


鋳鉄製です。
キャンドルの隣のはさみのようなクリップは何に使うのか聞いたら、当の娘さんも??で、「写真でもはさむんじゃないかしら?」
いや、それフツーに燃えますよね・・・(^^;)と思いつつ、とりあえず買って帰ってネットで調べてみたところろ、このクリップのようなもの、ラッシュ・ホルダーと呼ばれることがわかりました。
d0240098_03445023.jpg



Rush とは、日本で言うイグサのことだそうで・・
下はネットで見つけた写真ですが、油を浸したイグサを、このようにラッシュ・ホルダーにはさんで灯をともすそうです。
日本でも、昔はろうそくの芯にイグサを使ってましたよねー。
d0240098_03323463.jpg
18世紀にイギリス政府がロウソクに税金をかけ始めた結果、ロウソクが買えなくなったイギリスの貧しい家庭がイグサをロウソクの代わりに使い始め、19世紀にかけてこのタイプのキャンドルホルダーが大量に作られたそうです。

ただ北米では、イグサがロウソク代わりに使われることはあまりなかったそうで、アメリカに残るラッシュ・ホルダー付のキャンドル立ては、ほとんどが18-19世紀にイギリスから輸入されたものだとか。

このホルダー、このお家の物置にずっとあったものを今回ガレージセールに出したそうですが・・・
このお家、1840年には雑貨店だったそうなので、その頃に売り物としてイギリスから輸入されたものかもしれませんねー。

わずか1ドルで譲っていただいちゃったんですが、e bayやアンティークサイトで調べたら、状態や年代によって$50から$1,000の値段がついており・・・
私が買ったのは19世紀の大量生産品ぽいので、それほど高くはないと思うのですが、それでもあの家の歴史の一部と思うと、売ったりしないで大事にしようと思います^^

結局、こんな風に↓コーディネート・・・雰囲気合わせようと?遊牧民族のテントの革で作られたライトの隣に置いてみました。
d0240098_04123024.jpg


いやしかし、さすが200年近く前のお家のガレージセール、出品される物の格が違いますねー。
ちなみに全然関係ありませんが、ここのお孫さんは日本の大学に留学中で、日本大好きだそうです笑


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-09-29 21:40 | 番外 | Comments(6)

Birkshireのトレイン・ライド

マサチューセッツのタングルウッドに行った夏休み、鉄道大好き理系オタク(笑)のために、Birkshireのトレイン・ライドをしてきました。
d0240098_07582109.jpg


1899年に建てられたAdams Stationの脇にあるホームから乗車します。
d0240098_07480149.jpg


チケット購入は、駅舎代わりの電車内で・・
お土産もここで買えます。
d0240098_07575895.jpg


この路線は、New York Central Railroad。
19世紀から20世紀半ばまで、ここマサチューセッツから、はるばるニューヨークのグランドセントラル・ターミナル駅まで結んだ路線です。
廃線となった後、1984年に保存活動が始まりました。
d0240098_08000795.jpg
d0240098_07400249.jpg


今回乗った電車は、比較的新しい車両だそうですが、懐かし~い感じの車両でした。
運転手さんも、ガイド兼車掌さんも、すべて昔、この路線でエンジニアや運転手として働いていた方々が有志でやってます。
d0240098_08012016.jpg


普通に生活に使用されていた路線ですので、沿線には特にすごい眺めがあるわけでもありません。
だから、ただ乗っているだけだと、退屈なトレイン・ライドになると思います。
でも、車掌さんの話を聴いていると、自分が生まれる前のこの地域のアメリカ人の方々の生活を、いきいきと想像することができます。

途中の駅にある、廃業した繊維工場。
ここに通勤する人達が、週末には、この電車で4時間かけて、ニューヨークまでヤンキースの試合を観に行ったこと。
日本人選手がヤンキースで活躍するなんて、想像もできなかった時代ですが、電車の中でチップス食べてビール飲んで、試合にわくわくして・・・すっごく楽しかったんだろうなぁ・・^^

日本が明治の新しい時代へと移ったときも、アメリカと開戦した不幸な時代も、その後の復興の時代も、私が生まれた頃も・・・この鉄道で、毎日の生活を営んでいたアメリカ人がいるんだなあと想像すると、今自分がこの電車に乗っていることに、不思議なご縁に感じました^^

踏切で待つ車のドライバーの方々も、電車に手を振ってくれて、この鉄道が、今も地元の人たちに愛されているのを感じます。

そんなこんなで、約1時間のトレイン・ライドを終えて車に戻ると、外はいきなりの土砂降り・・・!
ホテルに戻って、トマトスープとチーズトースト、そしてワインのランチいただきましたん♪
d0240098_10055213.jpg
d0240098_10054043.jpg

Berkshire Scenic Railway Museumの情報はこちらから♪
https://www.berkshiretrains.org/train-rides


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-09-17 10:13 | 番外 | Comments(5)

マンハッタンの逆さづりのテディベアが、日本に関係あった・・

先日、マンハッタンのダウンタウンに行ったときに、交差点で、こんなものを見かけました。
d0240098_11232212.jpg

逆さづりのテディベア・・
下げられた札には、REVOLUTIONの文字。
d0240098_11233096.jpg


反対側には、HRKKの文字。
d0240098_11234858.jpg
ネットで調べてみたところ、ニューヨークべースのHEARTSREVOLUTIONというバンドの、「起死回生」という曲のプロモーションなのだそうで・・・、ロンドン、パリ、香港、マイアミ、そして東京でも、この逆さづりテディベアのプロモーションをしているそうです。

↓の写真は、ロサンゼルスで話題になったときのもの・・・
d0240098_11264863.jpg

で、その曲、「起死回生」ですが。
ラストの方でかなり微妙な日本語字幕付き(笑)のPVです笑



♪キシ♡カイセイ、キシ♡カイセイ、カモン!
・・・聴いてるうちになんかハマッてくる歌声です笑
大人になって忘れてしまった、子供のころの気持ちを取り戻そうがコンセプトの歌だそうです。

逆さづりのテディベアのプロモーション、東京でもやったそうなので、見かけた方、いらっしゃいますでしょうか~^^
てか、東京だと、働き者の電力会社の方が、保守⭐️点検、保守⭐️点検、と即取り除いちゃいそうですが笑



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-06-30 11:37 | 川越えてマンハッタン | Comments(3)

ニューヨーカー、一升瓶をワインのように飲む

週末を楽しむ若いニューヨーカーたち。
アイスバケットに入っていたのは・・・
d0240098_05282733.png


日本酒一升瓶・・・!
d0240098_05301545.jpg
一升が1.8リットルだから、単純計算で、一人徳利3.3本てとこでしょうか。
まあ好きな人なら飲んじゃう量と思いますが、ワイン用のアイスバケットに一升瓶、ニューヨークならでは?の豪快な眺めでした笑
それだけ、日本酒がニューヨークで市民権を得たということなんですね~^^

そういえば、獺祭もメーカーさんの努力で、ミツワで手ごろに買えるようになってうれしいです♪


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-05-06 05:47 | 番外 | Comments(6)

ニュージャージーで、藤原とうふ店さんのあの車に出会う

今日、ニュージャージーの高級日系スーパー・ミツワに行ったら、向こうの方から、青空に吹けるエンジンの音が・・・
d0240098_04300519.jpg

音の方向を見ると、なんとこの車がいらっしゃいました!
d0240098_04302992.png
車のサイドに書いてある文字が、読めますでしょうか・・
「藤原とうふ店」

これって・・・これ、ですよね?笑
d0240098_04303745.jpg
前職のオフィスの資料室に、なぜか「頭文字D」の単行本が置いてあったのでわかりました(いちおう堅い職種なんですが・・・笑)
あと、職場の若い男性スタッフが、いつか買いたいドリームカーと言っておりました。

すご~い、本当にあるんですね!
しかもニュージャージーで出会えるなんて・・・笑
もしかして、彼がついにドリームカーを買ったのかなぁ・・・^^

ちなみに今日は、ミツワの紀伊国屋さんでこの本買いました♪
直木賞と本屋大賞のダブル受賞、「蜜蜂と遠雷」
国際ピアノコンクールのお話です^^
お風呂で読むのがたのしみ~♪
d0240098_06364261.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-04-22 04:51 | 番外 | Comments(7)

オーガニックのお肉で、お家ステーキ

繁忙期中なので、書き溜め記事の自動投稿です^^

先日、ビーフシチューにする予定で、オーガニックのシチュー用の肉を買いに行ったのですが、その日に限ってシチュー用お肉がなく・・・
そこで、代わりにオーガニックのステーキ肉を2枚買って、シチューに入れようと思ったのですが、よく考えたら、そのままステーキにすればいいじゃん、と気づき笑
d0240098_12190032.jpg



そんなわけで、まずはオリーブオイルで、スライスしたガーリックをこんがりと焼きます♪
d0240098_12195807.jpg


焼けたガーリックを取り出して、お肉を焼き焼き。
d0240098_12225527.jpg


焼けたお肉に、先ほどのガーリックを乗せて・・・
d0240098_12240242.jpg


つけあわせをつけて、出来上がり^^
d0240098_12251398.jpg


付け合わせのポテトは、スプーン1杯の油で揚げ物ができるエアフライヤーで作りました。
d0240098_12262626.jpg

そして、ワインは2012年から取っておいたボトル。
別に特別なことがあって開けたわけではなく、もともと長期熟成用の高いワインではないので、あまり取っとくと味が落ちるので・・・笑
d0240098_12273819.jpg


粗塩でいただきます♪
d0240098_12270017.jpg


私の好みでウェルダン気味に焼きましたが、ふっくら柔らかに焼けました。
d0240098_12362837.jpg


ワインとお肉が、おいしー^^
d0240098_12280593.jpg
私的には、ステーキはやっぱり、お家で焼くのが一番です♪



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-03-05 07:14 | 番外 | Comments(6)

9,000円のコーヒーカップ買った

9,000円・・・というのは、買った当時の円換算ですが、今は円高傾向だから、もっと安いかな?笑

昨年のクリスマス、一年間の自分へのご褒美(笑)に、このコーヒーカップ買いました。
スマホ連動のセラミック・保温カップ。
d0240098_13052590.jpg



ハイテクカップらしく、アップルっぽいお洒落なボックスにはいって来ました。
d0240098_07333622.jpg



Blue Toothで、スマホと連動します。
d0240098_07351773.jpg

カップの下にある点滅がハイテクっぽくてお洒落です~。
ピンクとかグリーンとか、色もスマホで指定できます。
d0240098_07355078.jpg



で、コーヒーを入れますと・・・
d0240098_07360067.jpg


この通り、スマホに温度が表示されます。
スマホで好みの温度を設定すれば、最後まで熱々のお茶が飲めます。
d0240098_07413149.jpg


中身が空になると、この通り、「空」の表示。
2時間動きがないと、自動的に電源がオフになります。
d0240098_07414604.jpg


高かったけど、自分的には、昨年買ってよかったもののトップレベルに入ってます笑

ちなみに、このカップ、Emberのオフィシャルサイトで買うと79.95ドルなんですが、アマゾンで買うとなぜか170ドル超えるという・・
スタバでも売ってるみたいなので、アマゾンで高いの買わないように気をつけてくださいね~笑

Emberのオフィシャルサイト
https://ember.com/



にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

[PR]
by kawamuko | 2018-02-26 07:48 | 番外 | Comments(4)

生きた英語ーアメリカはダンキンで走る

America Runs On Dunkin.
表題はグーグル翻訳使って訳してみたのですが、極度乾燥(しなさい 風の訳になってしまいました笑

America Runs On Dunkin.
アメリカ人なら誰でも知っている、ダンキンドーナツのキャッチコピーです。
埼玉県人にとっての「うまい!うますぎる」に匹敵するフレーズですが、実は、アメリカ人もあまりよく意味がわかってないという・・笑

で、軽くリサーチしてみたところ、アメリカ人はダンキンのコーヒーとドーナツをエネルギーに毎日を積極的に前へ進む、というコンセプトで、2006年から使われているキャッチコピーだそうです。

というわけで、ワンポイント・生きた英語講座でした・・・?(笑)

オマケ。
ダンキンドーナツのバレンタイン・スペシャル・パッケージ。
スタッフの方が、オフィスに持ってきてくださいました♡
d0240098_09182331.jpg
ただ、ダンキンドーナツ、1個で軽く400キロカロリー以上ありますから、みなさん気をつけて召し上がってくださいね~^^;


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-19 09:38 | 番外 | Comments(6)

人は、いくらあれば幸せになれるのか?

世の中は今、AIに仕事を奪われると戦々恐々としてますが・・・
先週、ビル・ゲイツ氏が「AIのおかげで、人間はより多くの自由時間が手に入る」という主張をしたという記事を読みました。

すなわち、ロボットが人間の仕事を引き受けてくれれば、仕事の効率を高め、人間はより多くの余暇を持つことができるということですが・・・

それを聞いて、昔読んだ本を思い出しました。
How Much is Enough? : Money and the Good Life 
(いくらあれば十分なのか?お金と、良い人生)
d0240098_02453105.jpg
日本語訳は出てないみたいなんですが、ケインズの経済学を中心に、孔子やギリシア哲学まで論じた、なかなかに難解な本でした^^;

で、この本によれば、今回のビル・ゲイツの発言は、100年くらい前に産業が機械化したときに、ケインズがした「未来の予言」とまったく同じなんですよね・・笑
いわく、これからは機械が仕事をしてくれるから、人間はもっと余暇の使い方を考えなければならない、と。

が、現実は、人々の労働時間は増える一方で、それに比例して賃金は上がらず、一向に余暇を楽しめる生活にはなっていません。

このケインズの予言が現実化しなかった理由のひとつは、人間の飽くなき「欲望」を、ケインズが甘く見ていたことだそうです。
たとえば隣がレクサスを買えば自分はBMW、といった競争心ですね(その車自体が好きで買う人はもちろん別ですが)。
このために、人々は衣食住が足りた後も、労働時間を増やして、働き続けた。

そして、「幸福」の定義。
現代の幸福は、GDPを始めとする経済に定義され、その結果、どの国も、資本主義のチキンレースからもはや降りることができないでいるという・・・

現代の資本主義は、基本的に消費に頼ってます。
消費をあおるには、次々と新製品を出し、まだ使えるものも捨て、とにかく買い続けてもらわなければなりません。
たとえ、地球の資源が枯渇しても。

この点では、逆に最近モノが売れない、という言葉をよく聞きますが・・・
人がモノを買わなくなったというのは、所得格差という理由の他に、現代資本主義のチキンレースに、もううんざりしてる人が増えてきたんじゃないでしょうか・・?

最近、古民家が流行りといいます。
自分の手で家を直し、花や野菜を植え、井戸やかまどを復活させて、暖房は火鉢という昔ながらのシンプルな生活をたのしむ人が増えてきたのも、そういう理由なのかもしれません。
また、最近の若者たちが、ステイタスとしての高級腕時計や高級車に興味がないのも、そんな流れなのかもしれませんねー。

で、AIですが笑
AIが人間の労働時間を短縮し、富を生み出したとしても、経営者がその富を適切に労働者に分配しない限り、ビル・ゲイツやケインズの言う未来は実現しません。
でなければ、人々は仕事を失い、AIが及ばない仕事を奪い合い、競争のためにますます長時間を働くようになるだけ。
すなわち、重要なのは経営者の「モラル」です。
この点でも、利益を労働者ではなく、投資家に分配するために、粉飾決算や安易なリストラをするような企業は、もう生き残れない時代になってきてます。

また、ベーシックインカム制度というのも、この富の分配に役立つ方法と思いますが、これも人々が、他人と競争する生活ではなく、ほどほどの生活に満足してこそ、可能になります。

ニューヨークという、世界の投資と資本主義のど真ん中に住みながら読んだこの本、なかなか考えさせられるところがありました・・
自分自身、資本主義も投資も決して否定しませんし、そのおかげで生きてるわけですが。

ちなみにこの本は、イギリスの本です。
私は日本のバブル時期、イギリスで質素にまったりと生活してましたが(このせいでバブルの恩恵をあまり受けてない爆)、当時同年代の、イギリス人の学生や新卒の若者たちとシェアしていた安いフラットも、今では不動産バブルを経て2億円とか・・・

当時は、休日の朝には誰かが代表で、近所のオフライセンス(イギリスのコンビニ)に大量の新聞を買いに行き、それから映画を観に行って、夜はパブで飲んで話して・・・
土曜日の夜は、共同のダイニングに一台のテレビで、みんなでサタデーナイト・ライブを見て笑ったなぁ・・・

あんなに映画を観て本を読んで、人と話した生活は、後にも先にもあの時だけ。
お金もなにもなかったけど、自分の人生の中で、確実に、幸せと言える時期でした。

人は、いくらあれば幸せになれるのか?
AI時代を前に、もう一度考えるべき時が来てるのかもしれませんね~。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-10 07:55 | 番外 | Comments(6)

極度乾燥しらなかった・・

先月イギリスに行ったとき、マンチェスターのモールでこんな看板を見つけ、「ヘンな日本語」のネタとして写真撮ったのですが・・・
d0240098_11553892.jpg



実は、イギリスの高級お洒落ブランドで、世界中の(日本以外の笑)若者に大人気だそうですね~。
年間700億円超を売り上げるスーパーブランドで、ベッカムさんとかハリーポッターさん(笑)も着ているとか。
おばちゃん、全然しらなかったよ~^^;

確かに、売ってる服はお洒落そうでした笑
d0240098_11592038.png
というわけで、日本の若者達よ。
極度乾燥(しなさい)、ですよ笑

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by kawamuko | 2018-02-02 12:04 | 番外 | Comments(6)


カテゴリ
タグ
最新の記事
検索
メール
kawamuko@excite.co.jp


にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
フォロー中のブログ
外部リンク
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
以前の記事